/

東京・江東で野鳥から鳥インフル、A型の陽性反応

環境省は17日、東京都江東区で回収した野鳥、ホシハジロの死骸で鳥インフルエンザウイルスの遺伝子検査をした結果、A型インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。今後1週間程度かけて高病原性かどうかを確認する。同日、死骸の発見地点から半径10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定し、監視を強化することを決めた。

同省は13日、島根県安来市で採取されたコハクチョウのふんから高病原性の「H5N8亜型」が検出されたと発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン