/

この記事は会員限定です

「同じ方向に航行し衝突」コンテナ船乗員が説明 米イージス艦

[有料会員限定]

静岡県南伊豆町の石廊崎沖で米海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、コンテナ船の乗組員が「イージス艦と同じ方向に航行していてぶつかった」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。第3管区海上保安本部などは同日午後、東京・大井埠頭(東京港)に着岸したコンテナ船を立ち入り検査した。

3管は行方不明者の捜索を続けるとともに、両船の位置関係などを詳しく調べる。

事故は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン