御嶽噴火、5遺族が国・県を賠償提訴へ 「警戒レベル不適切」

2017/1/17 13:03
保存
共有
印刷
その他

58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月の御嶽山の噴火災害で、5遺族が国家賠償法に基づき、国と県に総額1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、遺族らへの取材で分かった。25日に提訴する。

原告側の山下潤弁護士によると、噴火前の9月10日、気象庁などの観測で火山性地震が52回、11日には85回に上ったにもかかわ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]