/

iPSで不妊マウスから子 京大が精子作製、治療に期待

性染色体の異常で起きる「無精子症」のマウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から精子を作り、通常の卵子と体外受精させて、異常のない子を誕生させることに成功したと、京都大の斎藤通紀教授(細胞生物学)らの国際チームが17日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

無精子症であっても、iPS細胞にするとなぜ精子ができるようになるのかのメカニズムは不明。斎藤教授は「iPS細胞の作製過程で異常な染色体が欠落するのではないか。染色体や遺伝子異常が原因の不妊の治療法開発につながる可能性がある」としている。

チームは、通常2本ある染色体が3本になるトリソミーという異常が性染色体にある無精子症のマウスを作製。

このマウスからiPS細胞を作ると12%程度、異常のないものができたため、精子のもとになる生殖細胞に変化させた。この生殖細胞を、自身の精子は作れないようにした別のマウスの精巣に移植すると精子に変化し、卵子と受精させると、子が生まれた。生まれた子の性染色体は通常の2本だった。

また性染色体異常で精子ができにくいクラインフェルター症候群の患者から細胞を採取してiPS細胞にすると、数%の細胞で異常がなくなっていた。21番染色体に異常のあるダウン症の患者の細胞からも、異常のないiPS細胞ができた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン