/

この記事は会員限定です

「性感染症」虚偽診断で薬代詐取 東京の院長、容疑で逮捕

[有料会員限定]

性感染症にかかっていると嘘の診断をし、患者から薬代約2万6千円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は17日、東京都新宿区の診療所「新宿セントラルクリニック」院長、林道也容疑者(69)=同区=を詐欺容疑で逮捕した。同課によると、「間違っている」と否認している。

同課は、林容疑者が同様の診察を繰り返して多数の患者から現金をだまし取った疑いがあるとみて解明を急ぐ。

逮捕容疑は2012年9~12月ごろ、都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン