/

名物駅弁「いかめし」20%値上げ イカ不漁で

北海道のJR森駅の名物駅弁「いかめし」を製造するいかめし阿部商店(北海道森町)は20日から「いかめし」を値上げする。現在の1箱650円から130円(20%)上げて780円とする。原料のイカが不漁で高騰しているためで、値上げは3年ぶりとなる。

同社は主にニュージーランド産のイカを調達しているが、日本を含めて世界的なイカ不漁を受け、原料の仕入れ値は10年前の2倍以上になっているという。今井俊治社長は「身の柔らかいニュージーランド産イカは北海道産よりも高い。値上げで採算を改善したい」と話す。

「いかめし」は森駅のほか、全国のデパートの催事で販売されている。うるち米ともち米をイカに詰めて甘辛いタレで味付けしている。冷めてもイカが柔らかく、全国的に根強い人気がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン