/

サムスン「ノート7」、日本も機内持ち込み禁止

国土交通省は17日までに、国内航空会社に対し、発火する欠陥が問題になっている韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について、機内に持ち込むことを禁止するよう指示した。

米連邦航空局(FAA)が機内持ち込みを禁止すると発表したのを受けた措置。これまでは電源を入れたり充電したりしなければ、機内への持ち込みを認めていた。

ノート7は発売後に発火トラブルが相次ぎ、サムスンは9月にリコールを発表したが、リコールに伴う代替品でも発煙事例があった。

国交省によると、日本では未発売の機種で対象者は限定的とみられる。航空各社は国交省の指示を受け、ホームページ上やチェックインの際などに周知している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン