辺野古移設、那覇で反対集会 知事「基地造らせぬ」

2015/5/18付
保存
共有
印刷
その他

沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する大規模な集会が17日、那覇市の野球場で開かれた。約3万5千人(主催者発表)が参加し、登壇した翁長雄志知事は「辺野古に基地を造らせない公約実現に向けて全力で取り組む」と表明。日米両政府に普天間基地の県内移設断念を求める決議文が採択された。

集会は「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会」と題し、市民団体や労働組合などが参加した。実行委員会の共同代表には芥川賞作家の大城立裕さんや稲嶺進名護市長、県内経済人らが名を連ねた。

共同代表の一人で、元白梅学徒隊で沖縄戦を経験した中山きくさんは「みなさんに私のような戦争のある人生を歩ませてはならない。基地が集中し、沖縄の発展が妨げられている」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]