/

いじめ訴訟で両親の敗訴確定 岐阜の中2女子自殺

自殺した岐阜県瑞浪市の市立中学2年の女子生徒(当時14)の両親が、いじめがあったとして同級生側に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は17日までに両親の上告を退ける決定をし、両親の敗訴が確定した。決定は15日付。

一、二審判決によると、生徒は2006年10月、自宅で首をつって死亡し、遺書には部活動が一緒だった同級生の女子生徒4人の名前が書かれていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン