/

「赤毛のアン」初版本を公開 18日から、福岡・飯塚

福岡県飯塚市は、NHKの連続テレビ小説「花子とアン」の舞台となった市内の旧伊藤伝右衛門邸で18日から「赤毛のアン」原書の初版本を公開する。市によると、国内で初版本の所有者は少なく、公開されるのは珍しいという。伊藤伝右衛門はドラマには「嘉納伝助」として登場する。

カナダの女性作家、モンゴメリの小説「赤毛のアン」は1908年に出版。その後、ドラマの主人公のモデルとなった村岡花子の翻訳本が52年に刊行された。

村岡と親交のあった歌人、柳原白蓮が一時暮らしていた旧伊藤邸を一般公開する飯塚市が、国内の収集家が原書の初版本を所有していると知り、借り受けた。表紙は色あせており、ページも黄ばんでいるものの、目立った汚れや破損はなく、保存状態は良い。

18日から12月2日まで旧伊藤邸で開かれる「伝右衛門そして『花子と白蓮』」展で公開される。市担当者は「ドラマでも原書が登場した。ぜひ初版本を見に来てほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン