/

「キング・ファイサル国際賞」に阪大・岸本特任教授

大阪大学は16日、同大の岸本忠三特任教授が、アラブのノーベル賞ともいわれる「キング・ファイサル国際賞」に選ばれたと発表した。医学部門での受賞で、炎症反応に関わるたんぱく質を発見し、抗体を使った医薬品の開発に貢献した功績が評価された。賞金20万ドルなどが贈られる。同賞はサウジアラビアのキング・ファイサル財団が授与する。

日本人ではこれまでにノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大学教授や野依良治・前理化学研究所理事長らが選ばれている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン