2019年2月24日(日)

三島由紀夫原作ラジオオペラ 55年ぶり初演録音テープ発見

2015/11/16 21:53
保存
共有
印刷
その他

三島由紀夫原作のラジオオペラ「あやめ」の初演録音テープが、CBCラジオ(名古屋市)社内の倉庫から55年ぶりに見つかったと、TBSホールディングスが16日、明らかにした。

オペラは、三島が20歳のときに発表した短編小説「菖蒲前(あやめのまへ)」が原作。三島自身が戯曲化し、1960年に当時の中部日本放送が約27分間のラジオオペラに仕立てて録音、放送した。

バリトンの友竹正則さん、ソプラノの池田弘子さんら当時の一流独唱者らが愛の世界を歌い上げており、文部省(当時)芸術祭賞も受賞している。

見つかったテープは直径10インチのオープンリール用で、ほぼ劣化していない状態で保存されていたという。

三島由紀夫文学館の山中剛史研究員は「当時、三島が音楽劇に興味を持っていたことを示す極めて貴重な資料。研究も進んでいない作品で、発見は快挙だ」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報