/

iPSで人の精子や卵子のもと作製 京大が成功

京都大の斎藤通紀教授らは人のiPS細胞から精子や卵子のもととなる「始原生殖細胞」を作る実験に成功した。将来、試験管内で精子や卵子を作れるようになれば、親から子が生まれるしくみの解明に役立つ。成果は17日、米科学誌セル・ステム・セル(電子版)に発表する。

京大iPS細胞研究所から提供を受けた人のiPS細胞を、まず神経に成長しやすい条件で培養し、次に生殖細胞に変わりやすくなる複数の試薬をふりかけた。

iPS細胞が変化した細胞は、マウスやカニクイザルの始原生殖細胞に性質が似ており、研究チームは人の始原生殖細胞ができたと結論づけた。今後は人の精子や卵子を作る技術を開発する計画だ。

研究チームは既に、マウスのiPS細胞から始原生殖細胞を作り、卵子に変えて子供を生ませる実験に成功している。ただ、文部科学省は人のiPS細胞から作った精子や卵子を受精させる実験を禁じている。斎藤教授は「受精の実験を進めて良いかどうかは社会的な議論が必要になる」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン