/

この記事は会員限定です

夫婦別姓、最高裁も意見割れる 女性裁判官は全員「違憲」

同姓「社会に定着」

[有料会員限定]

夫婦別姓を認めない民法の規定をめぐり、最高裁大法廷は16日、同規定を合憲とする初の憲法判断を示した。15人の裁判官の意見は分かれ、10人が合憲、3人の女性裁判官全員を含む5人が違憲とした。女性の社会進出が進み、家族のあり方も変化する中、司法としても難しい判断だったことが分かる。同姓か別姓か選べる「選択的夫婦別姓制度」の導入を求める声も多く、国会の対応が問われる。

大法廷の多数意見は、「家族は社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン