2019年9月19日(木)
速報 > おくやみ > 記事

日下武史さんが死去 劇団四季創立メンバー、俳優

2017/5/16 20:20
保存
共有
印刷
その他

劇団四季の創立メンバーの一人で、俳優の日下武史(くさか・たけし、本名=孟=たけし)さんが15日午前6時30分、誤嚥性肺炎のため静養先のスペインで死去した。86歳だった。連絡先は劇団四季。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻で女優の木村不時子さん。

東京都出身。慶応大学文学部在学中の1953年、演出家の浅利慶太さんらと劇団四季を結成。セリフ劇やミュージカルまで幅広い舞台で活躍し、同劇団の看板俳優として活動した。代表作に「ヴェニスの商人」「鹿鳴館」など。

声優やテレビ番組のナレーターとしても活躍。米テレビドラマ「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役の吹き替えなどを務めた。近年は体調を崩し、舞台から遠ざかっていた。スペインへは数週間前から静養のために滞在していた。

浅利さんは「高校の先輩であり劇団四季創設以来の同志の訃報に接し、悲しみを禁じ得ない。日下さんはイメージ豊かな明晰(めいせき)なセリフで、素晴らしい俳優だった」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。