/

不明陸自機、乗員4人は死亡 山中で発見

北海道北斗市で

防衛省は16日、北海道北斗市の袴腰山(616メートル)山頂から東3キロの山中で複数の破片を発見し、前日に函館市の函館空港の西側上空で消息を絶った陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機の一部と断定した。散乱した機体の近くから機長の高宮城効1等陸尉(53)ら乗員4人を発見、死亡が確認された。防衛省が墜落した原因を調べる。

防衛省によると、道警や消防が午前10時40分ごろ、広範囲に散乱した破片を発見。大破した機体の周辺から、相次いで4人が見つかった。

4人は高宮城機長のほか、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)と、いずれも整備士の岡谷隆正2等陸曹(42)、玉木宏伸3曹(28)。

LR2は緊急搬送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前11時25分ごろ、札幌市の丘珠空港を離陸。同45分ごろ、視界が悪く計器飛行で着陸しようとした際、函館空港の西約30キロ、高度約900メートルで管制官との連絡が途絶え、約1分後に航空自衛隊のレーダーから機影も消えた。LR2は函館空港で患者や医師、付添人を乗せ丘珠空港に戻る予定だった。

LR2は双発プロペラ機で4月中旬まで定期点検を受け、連絡が途絶える前に機体の異常やトラブルの報告はなかった。

函館地方気象台によると、当時は大気の状態が不安定で、厚沢部町に雷と濃霧注意報が、函館市と北斗市には加えて強風注意報も出ていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン