/

エステ大手、残業代不払い 静岡労基署が是正勧告

エステ業界で働く女性らでつくる労働組合「エステ・ユニオン」は17日までに、エステ業界大手「ミス・パリ」グループの「シェイプアップハウス」が運営する静岡県内の店舗で、残業代の不払いなど違法な労働があったとして、静岡労働基準監督署から9月に是正勧告を受けたと明らかにした。

労組の担当者が東京都内で記者会見し、ミス・パリの東京本社でも残業代の不払いがあったなどとして労基署から2月に是正勧告を受けていたことも明らかにした。

シェイプアップハウスは取材に「是正勧告を受けたことは事実。解決に向けて努力している」とコメントした。

会見に同席した静岡県内の店舗でエステティシャンとして働いていた20代の女性によると、営業開始30分前に出社し、土日は1時間ほど残業。残業代の一部が支払われなかった。タイムカードを終業前に集めて一斉に打刻し、勤務時間を短く見せかけていたという。

女性は「睡眠不足でうとうとしながら働き続ける同僚もいた。十分な休憩が取れ、正当な賃金が支払われるような環境にしてほしい」と訴えた。

ホームページによると、ミス・パリグループの従業員は1170人。「男のエステ ダンディハウス」などを展開している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません