/

橋下氏勝訴の判決確定 週刊新潮の記事巡る訴訟

前大阪市長の橋下徹氏が、出自に関する週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、新潮社の上告を退ける決定をした。14日付。橋下氏勝訴の二審判決が確定した。一審大阪地裁判決は「扇情的で不当におとしめる表現を含み、公益目的とは認められない」とし、新潮社に275万円の支払いを命令。二審大阪高裁も支持した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン