/

文科相側に補助金交付企業から献金 3年間で29万円

馳浩文部科学相が代表を務める自民党石川県第1選挙区支部が、経済産業省の補助金交付の決定通知を受けて1年以内の金沢市の自動車解体会社から、2011年以降の3年間で計29万円の献金を受けていたことが16日、分かった。

政治資金規正法は補助金の交付決定通知から1年間、政党や政治資金団体への献金を禁じており、馳氏側への献金は法に抵触する可能性がある。ただ、政治家側が決定を知らなかった場合は刑事責任を問われない。

馳氏の事務所は取材に「現在精査中だが、法に触れるのであれば返金したい」と話した。同社は「慣例的に支出し、法に反している可能性について認識していなかった」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン