2018年8月17日(金)

犬と飼い主にも母子のような絆 麻布大などホルモン確認

2015/4/17付
保存
共有
印刷
その他

 人間の母親と赤ちゃんが絆を強めるのと同じような仕組みが、犬と飼い主の間にも存在することを麻布大や自治医科大などの研究チームが突き止めた。犬が飼い主を見つめ、飼い主がそれに応じると、安らぎや信頼感などをもたらすホルモンが互いの体内で増えた。

 同じような仕組みはマウスの母子間にもあることが分かっているが、異種間で確認されたのは初めてという。成果は米科学誌サイエンスに17日掲載される。

 研究チームは「オキシトシン」というホルモンに注目した。人の親子や恋人同士がふれあうと、分泌が増えることが既に知られている。

 実験は犬と飼い主のペア30組に参加してもらった。犬が飼い主をよく見つめるグループと、そうでないグループを比べたところ、よく見つめるグループでは犬も飼い主も尿に含まれるオキシトシンの量が増えていた。

 犬と近縁のオオカミで同様の実験をした結果、飼い主をあまり見つめず、オキシトシンの量にも変化がなかった。

 人類は農耕を始める前から犬と過ごしてきた。人と犬の間に絆があるのは知られていたが、科学的な解明はあまり進んでいなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報