/

医薬仕入れ監視強化を 厚労省、肝炎薬偽造巡り自治体に通知

C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品問題で、厚生労働省は16日、医療用医薬品を扱う卸売業者や薬局の仕入れ方法が適切かどうか、監視を強化するよう都道府県や政令市に通知した。

この問題では、偽造品を最初に仕入れた卸売業者が本人確認をせずに個人から購入していたことが判明。厚労省によると、医薬品の仕入れ時の相手先の確認方法は明確に規定されていない。

このため同省は通知で、事業者に相手先の販売業許可番号や連絡先、身分証明書などの確認を徹底させるよう都道府県などに要請。確認した内容は帳簿に記載させるよう求めている。

ハーボニーの偽造品は外箱や添付文書がないまま取引されていたため、通知では卸売業者や薬局が未開封であることなども確認することが必要だとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン