「世界のニナガワ」に別れ 告別式、平幹二朗さんが弔辞

2016/5/16 13:16
保存
共有
印刷
その他

「NINAGAWAマクベス」などで国際的に知られ、12日に80歳で死去した演出家、蜷川幸雄さんの告別式が16日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、俳優の渡辺謙さんやファッションデザイナーの山本寛斎さんら親交のあった関係者が「世界のニナガワ」に別れを告げた。

蜷川幸雄さんの葬儀・告別式で、一般のファンのために特設された祭壇(16日、東京都港区の青山葬儀所)=共同

蜷川幸雄さんの葬儀・告別式で、一般のファンのために特設された祭壇(16日、東京都港区の青山葬儀所)=共同

蜷川さんの作品を初期から支えた俳優の平幹二朗さんは弔辞で「『王女メディア』『近松心中物語』など、あなたと四つに組んだ17本の芝居、僕の宝です。充実した演劇人生を生きることができました。ありがとう。さようならは言いません」と感謝の意を伝えた。

葬儀委員長は上田清司埼玉県知事。蜷川さんは彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督を務めていた。葬儀では長女で写真家の実花さんがあいさつ。

祭壇には、実花さんが稽古場で昨年9月、赤い月が浮かぶセットの前で撮影した蜷川さんの遺影が飾られた。

蜷川さんは現代劇から近松門左衛門、ギリシャ悲劇などの古典まで幅広い作品を手掛け、国内外で高く評価された。12日午後、肺炎による多臓器不全のため死去した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]