/

原子力機構、副理事長トップの究明チーム 作業員被曝で

大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で作業員が被曝(ひばく)する事故を受け、日本原子力研究開発機構は16日、原因究明のための特別チームを設置したと公表した。田口康副理事長をトップに、再発防止策や現場の復旧、作業員へのケアなどにも取り組む。同日開かれた文部科学省の特命チームの会合で、児玉敏雄理事長が報告した。

児玉理事長は現時点で判明した事故原因などを19日に原子力規制委員会に報告することも明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン