/

この記事は会員限定です

早期発見・治療へ国が本腰 自治体・企業も支援手厚く

[有料会員限定]

認知症の高齢者は2025年に700万人に達すると推計され、政府は15年1月、総合戦略(新オレンジプラン)をまとめた。自治体などによる支援も本格化してきた。

Q 認知症とは。

認知症の種類と主な症状
アルツハイマー型最も多いパターン。記憶障害から始まる場合が多く、段取りが立てられないなどの症状が出る
脳血管性脳梗塞などによって神経細胞が死ぬなどする。記憶・言語障害に加え、歩行障害も出やすい
レビー
小体型
幻視や筋肉のこわばり(パーキンソン症状)などを伴う
前頭
側頭型
会話中に突然立ち去る、同じ行為を繰り返すなど性格変化と社交性の欠如が現れやすい

(注)厚生労働省の資料を基に作成

A アルツハイマー病や脳血管障害などが原因で発症する。脳の神経細胞が死んでしまうことで記憶障害が起こり、徘徊(はいかい)や妄想などの症状も出る。

Q 国の対策の柱は。

A 認知症の診断や家族の相談を受ける「認知症疾患医療センタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン