変わる大学入試 先行く欧米、「脱日本型」どこまで
「予算も人手もケタ違い」

2016/4/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省の有識者会議が大学入試改革の最終報告をまとめた。2020年度の新テスト導入を目指すものの実現にはなお課題が多い。入試はどうなるのか。改革の行方を探る。

「高校生活や将来の目標を評価してもらえた」。東京大学初の推薦入試の工学部合格者として今月12日に入学式を迎える鈴木敦己さん(18)は笑顔を見せる。

福島県出身。5年前の東日本大震災と福島第1原子力発電所事故で変わり果てた故郷に胸を痛め、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]