/

夏休み、子どもの自殺に注意 文科省呼び掛け 相談電話も

学校の夏休み明け前後に子供の自殺が急増する傾向があるとして、文部科学省が、自殺の予防対策に取り組むよう教育委員会や学校に呼び掛けている。休みに入る前のアンケート実施や保護者への注意喚起を求めており、保護者に対しては、子供の小さな変化でも、気付いたら相談してほしいとしている。

内閣府によると1972~2013年の42年間で、18歳以下の子供の自殺は1万8048人。自殺した日を365日別に内閣府が分析したところ、9月1日が131人と突出して多く、9月2日も94人、8月31日も92人と多かった。

子供の自殺原因は家庭生活のほか、学校生活に起因するものが多いとされ、14年度自殺対策白書は、長期の休み明け直後は子供に「大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と指摘している。

文科省は8日付の通知で学校側に(1)休み前にアンケートや教育相談を実施し、悩みを抱える児童生徒の早期発見に努める(2)保護者に、休み中の見守りを依頼する(3)休み明け前後の見守り活動を強化する(4)自殺をほのめかす書き込みがないかネットパトロールを強化する――ことなどを要請した。

文科省や教委は、子供や保護者の相談窓口として通話料無料の「24時間子供SOSダイヤル」、電話0120・0・78310を設置。担当者は「ちょっとしたことでも、気軽に相談してほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン