東大に不正アクセス、氏名など3万6000件流出か

2015/7/16付
共有
保存
印刷
その他

 東京大は16日、学内向けメールシステムの管理をするパソコンなどに不正アクセスがあり、学生や教職員の氏名や学内連絡先など、最大約3万6300件の情報が流出した可能性があると発表した。成績や住所の流出はなく、情報の悪用は確認されていないという。

 流出した可能性があるのは、2013年度と14年度の学部入学者らの氏名や学生番号が約2万7千件、12年度以降にシステムを利用した教職員の氏名や研究室の内線番号が約4500件など。

 東大によると、6月30日に学内メールサーバーの管理画面の設定に異常を見つけ、不正アクセスが発覚。学内向けメールシステムに入るアカウントやパスワードが流出していることが分かった。

 その後の調査で、同23日に学内ネットワークやメールシステムを管理する部署の職員のパソコンに圧縮ファイルが添付されたメールが届き、ファイルを開いたことからマルウエアに感染したことが判明した。

 メールの文面は実在する学内の会議のもので、学外のアカウントからファイルを添付して転送されていた。感染する前にも「不審メールが届いている」との情報が寄せられていたという。

 東大はセキュリティー強化などを検討するとし、「関係者にご心配とご迷惑をお掛けしたことを深くおわびする。今後、全教職員に個人情報の取り扱いや不審メールへの対処を徹底する」とのコメントを出した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京大不正アクセスメールシステム情報流出

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 17:00
2:18
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報