台風11号、西日本上陸の見込み 日航と全日空110便欠航

2015/7/16付
保存
共有
印刷
その他

大型で強い台風11号は16日、高知県の室戸岬の南海上を北上した。強い勢力を保ったまま、夜から17日明け方にかけて四国付近に上陸する見込み。速度が遅く、長時間にわたり暴風や大雨が続く恐れがあり、気象庁は警戒を呼び掛けている。

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域、白の点線は予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域、白の点線は予報円、薄い赤のエリアは暴風警戒域

気象庁によると、16日午前は、1時間雨量が福島県川内村で7月の観測史上最高となる77.5ミリを記録。ほかに、神奈川県山北町でも70.0ミリ、静岡県伊豆市でも69.5ミリなど非常に激しい雨となった地点があった。

西日本や東日本の太平洋側では大雨や強風が続く見込みで、17日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で四国800ミリ、近畿、東海600ミリ、関東甲信300ミリ、中国200ミリ、東北150ミリ。局地的に1時間80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れもある。

17日にかけての予想最大風速は、四国35メートル(最大瞬間風速50メートル)、中国、近畿30メートル(45メートル)、九州23~25メートル(35メートル)、東海20メートル(30メートル)。太平洋側は大しけとなる。

台風11号は16日午前11時現在、高知県の室戸岬の南約230キロを時速20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。中心から半径170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、中心の東側700キロ以内と西側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

交通では、日航と全日空が16日、羽田と四国を結ぶ路線を中心に計110便の欠航を決定。東名高速道路は高波により静岡県内の一部区間で、中央自動車道も大雨で東京都から山梨県の一部区間で、それぞれ通行止めとなった。JR西日本は特急などを運休とした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]