雇用助成金の不正受給、3年で54億円 4割未返還

2017/1/16 11:52
保存
共有
印刷
その他

雇用安定のために厚生労働省が企業に支給している「雇用調整助成金」を悪用し、企業が2013~15年度の3年間で計約54億3千万円を不正受給していたことが分かった。不正が発覚した場合は企業に返還を求める仕組みだが、約4割に当たる計約23億8500万円が戻ってきていないことも判明した。

厚労省は助成金の不正について定期的に集計しているが、未返還額の全体を調べたのは初めて。今後、原因を分析し、不正防止や…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]