群馬県が婚活アニメ お見合い支援事業をPR

2016/7/20 11:50
保存
共有
印刷
その他

群馬県がお見合い型の婚活支援事業をPRするアニメ動画を制作した。若者にお見合いを身近に感じてもらい、気軽に応募してもらう狙い。5月末に公開してから事業に関する問い合わせが倍以上に増え、担当者は「予想を超える反響だ」と手応えを感じている。

県こども政策課によると、動画が紹介しているのは2010年度から県が実施している「ぐんま縁結びネットワーク」の取り組み。県地域婦人団体連合会の会員が「世話人」になり、似合いと思った登録者同士をお見合いの形で引き合わせ、出会いの機会を提供する。

事業を始めてから6月末までに、登録者同士のカップル23組が結婚。現在、約600人が登録している。

アニメのタイトルは「婚活スイッチ」。長さは約7分で、群馬に転勤してきたユキが支援事業を通じ、農家を継いだアキオと結婚するというストーリーだ。すご腕の世話人・ハルさんの助言を受け、ユキは相手に求める条件を見直し、アキオも髪やひげを整えてイメージチェンジに成功する。結ばれた2人の娘も最後に登場する。

公開後、約1カ月の問い合わせは約40件。親からのほか、これまで少なかった若者本人からの問い合わせも増えているという。インターネットの動画サイト「ユーチューブ」での再生回数は1万4千回を超えた。

群馬県の婚姻件数は1972年の約1万6千件をピークに減少傾向で、昨年、初めて9千件を下回った。同課の鈴木徹也係長は「アニメを入り口に若い人が取り組みに関心を持ってほしい。結婚する人が増えれば、少子化対策にもつながるはず」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]