東京都心で今年初の夏日 平年より11日早く

2017/4/16 13:34
共有
保存
印刷
その他

ボートに乗り、花見を楽しむ人たち(16日午後、東京都千代田区)
画像の拡大

ボートに乗り、花見を楽しむ人たち(16日午後、東京都千代田区)

 日本列島は16日、広く高気圧に覆われた影響で、鹿児島県など一部を除き全国的に晴れて気温が上がった。東京都心では日中の最高気温が26.1度まで上がり、今年初めて25度以上の夏日となった。平年より11日、前年と比べても2日早かった。全国的に気温は週中ごろまで平年より高まるが、週後半は平年並みか平年より低くなる見通し。

 一方、鹿児島市では午前6時までの3時間降水量が81ミリと、4月としての過去最高を22年ぶりに更新した。発達する低気圧の影響で、17日から18日にかけては西日本から北日本の広い範囲で大雨や荒れた天気となる予想で、場合により大荒れの恐れもあるという。

 気象庁は「気温が上がったり下がったりを繰り返すのがこの季節特有のパターン。体調管理には気をつけてほしい」と呼び掛けている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京都心都心

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 23:00
19:28
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報