2018年5月23日(水)

遭難者救助隊員が滑落死 愛媛・石鎚山

2014/9/16付
保存
共有
印刷
その他

 15日午前7時20分ごろ、愛媛県西条市西之川の大森山で、愛媛県警西条署山岳警備救助隊員の三好浩司巡査長(33)が遭難者を救助しようとヘリコプターから降下した直後、崖下に滑落した。松山市の病院に搬送されたが、出血性ショックで約2時間後に死亡した。遭難者3人は救助され、けがはなかった。

 西条署によると、遭難者からの通報を受け、三好巡査長は、男性巡査部長(37)とヘリで出動し、15日午前7時15分ごろ、現場付近の沢で遭難者を発見。ロープにつり下げられ降下した直後、姿が見えなくなった。巡査部長が降下し、約20メートル下で三好巡査長が倒れているのを見つけた。

 大森山は石鎚山系の1つ。遭難者は広島市中区の運送業者(25)や松山市の専門学校生(24)ら20代の男性3人で、14日午後1時ごろ、登山口から石鎚山を目指し、約3時間後、道に迷ったと携帯電話で通報した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報