/

殺陣の稽古中、模造刀?刺さり男性死亡 東京・台東

15日午前11時50分ごろ、東京都台東区日本堤2の区立施設から「男性の腹に模造刀のようなものが刺さった」と119番があった。菓子野大悟さん(33)=東京都国立市=が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡。警視庁浅草署によると、当時施設内で舞台の稽古が行われていたといい、状況を詳しく調べている。

浅草署などによると、当時、施設内で菓子野さんを含めた数人が殺陣の稽古をしていた。現場にいた人は「うめき声が聞こえて振り返ると、菓子野さんがうずくまっていた」と説明しているという。

刀は模造刀とみられ、刃渡りは73センチ。刺さった瞬間を直接見た人はおらず、同署が当時の状況や安全管理などを調べている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません