2019年1月17日(木)

群馬で突風、車横転で2人けが 家屋など被害相次ぐ

2015/6/16付
保存
共有
印刷
その他

15日午後4時ごろ、群馬県伊勢崎市や前橋市で突風が発生し、車が横転したり住宅の屋根が飛ばされたりする被害が相次いだ。県警によると、横転した車の女性ら2人がけがをした。群馬県や県警は被害の詳しい状況を調べている。

気象庁によると、関東甲信の上空約5500メートルに氷点下9度、東北にも同じく氷点下12度以下の寒気が流入。一方、地表付近の最高気温は30度以上の真夏日となる地点が相次ぎ、温度差で大気の状態が非常に不安定になった。関東北部を中心に東北にかけて局地的に積乱雲が発達、雷が発生したほか激しい雨が降った。突風の原因にもなったとみられる。

前橋地方気象台は16日にも職員が現地調査し、竜巻やダウンバースト(積乱雲から吹き下ろす突風)の可能性も含め突風の原因を調べる。

伊勢崎市などによると、市場町では停車直後の軽乗用車が横転して運転の女性(61)が頭にけがをしたほか、車に乗ろうとした男性(74)が車の横転で軽傷を負った。下触町の赤堀西部スポーツ公園では高さ約6メートルの野球用ネットが支柱とともに幅約30メートルにわたり倒壊。三和町では太陽光パネル200枚以上が道路に散乱し、一時通行できなくなった。

このほか資材置き場のトタンの囲いや民家の物置、シャッターが飛ばされ、民家の窓ガラスが割れる被害も確認された。

前橋市によると、住宅の屋根が飛ばされたり倒木で電柱が倒れたりした。群馬県渋川市によると空き家の木造の小屋が全壊した。東京電力によると、電線が切れたため伊勢崎市を中心に一時、約3300軒が停電。午後7時ごろにほぼ復旧した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報