2019年1月23日(水)

五輪レガシー、いま重荷 長野ボブスレー競技場が存続危機

2016/11/26 0:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1998年の長野冬季五輪ボブスレー・リュージュの競技会場が存廃の岐路に立たされている。利用料収入は年間700万円だが、長野市は年間1億2千万円の維持管理費を負担しており、市民から「税金の無駄」との声が上がる。市は来年中にも結論を出す方針。20年前の遺産(レガシー)は、2020年の東京五輪・パラリンピックの施設見直し議論に教訓を投げかけている。

JR長野駅から車で30分ほどの山あいに「ボブスレー・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報