/

国大協会長に里見氏再任 東北大学長

国立大学協会は15日、東京都内で総会を開き、東北大の里見進学長が会長に再任された。任期は2017年6月まで。里見氏は記者会見で、文部科学省が教員養成系や人文社会科学系の学部・大学院の廃止などを求めたことについて「社会の要請を無視できないが、世の中が非常に短期の成果を上げる方向になりすぎていないか危惧している」と指摘。「将来的に大きく展開できるような人材を作ることも必要だ」と話した。

副会長には山極寿一京都大学長、永田恭介筑波大学長、大西隆豊橋技術科学大学長、高橋姿新潟大学長の4人を選んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン