/

高橋治氏が死去 作家「風の盆恋歌」

共同

「風の盆恋歌」などで知られる直木賞作家の高橋治(たかはし・おさむ)氏が13日午前8時16分、肺炎のため神奈川県の自宅で死去した。86歳だった。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、留美子さんと長男、文月涼氏。

松竹に入社し、小津安二郎監督の「東京物語」の助監督などを経て映画監督として活動したが、1965年に退社。舞台の演出や戯曲の執筆を手掛けた。

作家活動にも入り、84年に巨魚に挑む釣り師を描いた「秘伝」で直木賞、88年に「別れてのちの恋歌」などで柴田錬三郎賞、96年に「星の衣」で吉川英治文学賞を受賞した。ほかの著作はシベリア出兵の記録文学「派兵」や小津監督の作品と人生を描いた「絢爛(けんらん)たる影絵」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン