/

この記事は会員限定です

傍聴人に分かりやすい裁判へ お堅い最高裁が変化

判決理由を説明、争点の資料配付

[有料会員限定]

裁判をもっと分かりやすく――。最高裁が、傍聴人を意識した取り組みに乗り出した。判決では結論だけでなく理由も伝える。争点をまとめた資料を配る。いずれもこれまでにはなかった対応だ。地裁や高裁に比べて堅苦しい印象が強かったが、「開かれた司法」の流れに沿って姿勢を変えつつあるようだ。

「事案に鑑み、理由の要旨を読み上げます」。8日に最高裁であった水俣病認定患者への障害補償をめぐる訴訟の判決。第2小法廷の小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン