/

理研、STAPのゲノム配列を公開 調査委判断の根拠データ

理化学研究所は15日、保管されていたSTAP細胞などのゲノム(全遺伝情報)配列を一般に公開したと発表した。胚性幹細胞(ES細胞)が混入したとした調査委員会の判断の根拠となったデータ。理研は公開した理由を「科学者や関連する学会に広く知らせるため」としている。

公開したデータは、小保方晴子氏や共著者の若山照彦氏の研究室で保管されていたSTAP細胞やES細胞など11種類とマウスなどの遺伝情報で、国立遺伝学研究所のデータベースで公開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン