/

この記事は会員限定です

飲酒依存に被災地悩む ストレスで酒量増、官民でケア

[有料会員限定]

東日本大震災の被災地で、官民によるアルコール依存症のケアが広がっている。家族との死別、長引く避難生活など、震災後のストレスがきっかけで酒量が増え、発症するケースが後を絶たない。本人には「病気」としての自覚がないことも多く、専門家は「今後、患者がさらに表面化してくる可能性がある」と指摘。継続的な対策の必要性を訴えている。

「ダメだと分かっているのに、つい飲んでしまうんです」。宮城県石巻市の男性(68...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン