/

「特定外来生物」新たに22種追加 環境省、ハナガメなど

環境省は16日までに、ペットとして販売されているハナガメや、食虫植物のナガエモウセンゴケ、台湾原産のスウィンホーキノボリトカゲなど22種類の生物を外来生物法に基づいて、飼育や輸入が原則として禁止される「特定外来生物」に追加指定する方針を専門家会合で示し、了承された。

環境省によると、ナガエモウセンゴケは欧米原産だが、千葉、岡山両県で定着が確認されている。愛好家の間で人気があり、意図的に植栽されたとみられ、繁殖が進めば湿地の生態系に被害を及ぼす恐れがあるという。

スウィンホーキノボリトカゲは静岡県磐田市で定着が報告されており、台湾から輸入された観葉植物に紛れて侵入した可能性がある。

会合では、大型肉食魚のナイルパーチやアリゲーターガーなど、既に検討していた分も含めた22種類を了承した。アリゲーターガーを含むガー科は飼育数が多いため、2018年2月に、他は今年7月ごろに指定される。既に飼育している場合、環境省の許可を得れば飼い続けられる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン