/

豊洲市場、地下空間の空気に水銀 指針の7倍検出

専門家会議が初会合

豊洲市場(東京都江東区)の盛り土問題で、土壌汚染対策に詳しい有識者でつくる東京都の「専門家会議」が15日、初会合を開き、座長の平田健正・放送大学和歌山学習センター所長は「地下空間の状況を正確に把握し、どうすれば安心・安全な市場にすることができるかを検討する」と述べた。会議は盛り土をしなくても安全性が確保できるか議論を進める。

この日の会合では、地下空間の空気から国の指針の7倍に当たる水銀が検出されたことが報告され、平田座長は今後、原因などについて詳しく調査する考えを示した。

都は9月29~30日、10月6~7日の2回、建物の地下空間にたまった水や空気を対象に汚染物質の測定調査を実施。その結果、地下空間の空気から、最大で国の指針値の7倍の水銀が検出されたという。

平田座長は「ごく微量ではあるが、これという原因が考えにくい」と述べ、委員の内山巌雄・京都大学名誉教授(都市環境工学)は「普通は立ち入らない地下ならば、大丈夫ではないか」との見方を示した。

初会合は築地市場(中央区)で開かれ、同市場の卸業者らも意見交換に加わった。都の対応を批判する意見や、豊洲市場の風評被害を懸念する声などがあがった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン