/

「廃止に向け取り組む」日弁連が声明

改正組織犯罪処罰法の成立を受け、日弁連の中本和洋会長は15日、「恣意的に運用されないよう注視し、法律の廃止に向けて取り組む」との声明を発表した。

声明は、参院法務委員会の採決が省略されたことを「異例の手続きで、極めて遺憾だ」と批判。一般市民が対象になり、通信傍受の対象も拡大されるといった懸念は払拭されておらず、国会審議が不十分だと指摘した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン