/

国立競技場の解体工事、南側の業者決定

日本スポーツ振興センター(JSC)は15日、2020年東京五輪のメーンスタジアムとして建て替える国立競技場(東京・新宿)の解体工事で、競技場南側の工事業者が関東建設興業(埼玉県行田市)に決まったと発表した。

当初7月に開始する予定だった解体は来年1月中旬に遅れる見通しだが、JSCは計画通り来年9月末の完了を目指す。残る北側の工事業者も早急に決める方針。

JSCは解体業者を決める3度目の入札を1日に締め切ったが、北側、南側の両工区とも、業者の応札額が工事の質を保つために設定した最低基準価格を下回ったため、落札が保留となった。JSCは南側で最も低い価格を提示した関東建設興業について契約内容を履行できるか調査し、問題がないと判断した。落札価格は15億552万円だった。北側は調査を継続する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン