/

リオ五輪キャラ命名「ビニシウス」と「トム」

【リオデジャネイロ=共同】2016年リオデジャネイロ夏季五輪の大会組織委員会は14日、猫と猿、鳥をミックスしたイメージの五輪マスコットの名前が「ビニシウス」に決まったと発表した。植物をイメージしたパラリンピックのマスコットは「トム」となった。

ブラジル出身の音楽家でボサノバの名曲「イパネマの娘」を作詞した故ビニシウス・モラエス氏、作曲した故アントニオ・カルロス・ジョビン氏(愛称トム)に由来している。11月下旬に候補が発表され、一般からの投票で決まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン