HIV感染知りつつ女性5人乱暴、懲役23年 横浜地裁判決

2014/11/16付
保存
共有
印刷
その他

エイズウイルス(HIV)に感染していることを知りながら、横浜市などで女性5人に乱暴をしたとして、強姦致傷罪などに問われた住所不定、無職の男(49)の裁判員裁判で、横浜地裁は15日までに、懲役23年(求刑懲役30年)の判決を言い渡した。

鬼沢友直裁判長は判決理由で「感染させる可能性を認識しながら犯行に及んだ」として、悪質性を指摘した。「どれだけ生きられるか相当悩んでいた」と認める一方で、「HIVの検査結果を待つ被害女性の恐怖と不安は察するに余りある」と断じた。

5人ともHIVに感染していなかった。

判決によると、横浜市や相模原市で2012年7~11月、1人暮らしで無施錠の女性宅に侵入し乱暴した。財布や現金を盗まれた被害者もいた。

起訴された5事件のうち、4件は10月に区分審理で有罪の部分判決が出ており、14日に5件全てを合わせた量刑が言い渡された。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]