トップ > 特集 > 衆院選2014 > 選挙分析 > 記事

当選候補者、喜びかみしめ街頭あいさつ

2014/12/15 13:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日の投票日から一夜明けた15日朝、当選を果たした候補者らは喜びをかみしめつつ、さっそく街頭に立ってあいさつをした。

東京3区の自民前職、石原宏高氏(50)は午前7時半から約1時間、JR大井町駅(品川区)前で「この激戦区で続けて勝てたことが何よりもうれしい」と通勤客らに語りかけた。

東京3区は、石原氏と民主前職の松原仁氏(58)が過去4回の選挙で2勝2敗。前回は約2千票差、今回は約4千票差で石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]