/

この記事は会員限定です

高速道老朽化、AIで対策 補修の緊急度判断

[有料会員限定]

老朽化が進む高速道路の管理にドローンや人工知能(AI)を導入する試みが始まった。日本の交通インフラの多くは1960年代の高度成長期に整備され、補修に緊急を要する場所が少なくない。先端技術の活用が限られた財源で交通網の安全を守るカギになる。

ひときわ人目を引く黄色い車が2月上旬の首都高速を巡回した。屋根に搭載した大きなアンテナのような装置がこの車の特徴だ。装置からレーザーを照射して橋脚や道路、周辺の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン