高速道老朽化、AIで対策 補修の緊急度判断

2017/3/12 21:09
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 老朽化が進む高速道路の管理にドローンや人工知能(AI)を導入する試みが始まった。日本の交通インフラの多くは1960年代の高度成長期に整備され、補修に緊急を要する場所が少なくない。先端技術の活用が限られた財源で交通網の安全を守るカギになる。

 ひときわ人目を引く黄色い車が2月上旬の首都高速を巡回した。屋根に搭載した大きなアンテナのような装置がこの車の特徴だ。装置からレーザーを照射して橋脚や道路、周辺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 15:01
20日 21:50
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報