/

台風18号、17日に九州上陸の恐れ

(更新)
黄円は風速15m/s 以上の強風域、赤円は25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

非常に強い台風18号は15日、沖縄県の西の海上を北寄りに進んだ。勢力を保ったまま今後、東寄りに進路を変え、16日に九州に接近、17日に上陸する恐れがある。

気象庁によると、九州南部と奄美では16日、局地的に非常に激しい雨が降る見通し。奄美では16日夕方、九州南部では16日夜には、風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。台風の北上に伴い、西日本を中心に16日午後から大荒れの天気になる。

17日にかけては、東海や近畿、関東甲信でも大雨が予想されている。

台風18号は15日正午現在、東シナ海をゆっくりとした速さで北北東へ進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン