/

この記事は会員限定です

高校の「情報」科目、必修は名ばかり 簡単パソコン操作だけ

[有料会員限定]

高校の必修科目の一つで、インターネットの仕組みや必要なモラルを学ぶ「情報」の授業の形骸化が懸念されている。表計算など簡単なパソコンの操作を教えるだけのケースが目立ち、数学など別の受験科目に振り替える高校もある。情報処理分野の研究者らでつくる情報処理学会は8月、教員向けの講習を初めて開催し、指導力の改善に乗り出した。

「情報」は2003年に高校の必修科目となり、現行の学習指導要領では、ネットの安全な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン